リプ病院へ

今日は朝一でリプの病院へ。
まずはリプを抱えて2階から降りるのに一苦労。ヘルニアーには堪える・・・
車内では折りたたみ式のクレートを買ったのでそれで移動。
ちょっとだけピーピー泣くんだけど、暴れるわけでもないので大丈夫。

問題は院内でのこと。
今までは病院の中でもバリケンの中で待たせていたのが、もう入らなくなったので院内ではリードで。
行く前から『院内で暴れるんじゃないか』とか、『粗相をするんじゃないか』とか最悪な状況をイメトレして望んだけど、
これが驚きの猫被ってお利口さんで助かった!
いや、たぶんリプの心情としては『ここはどこ?何されるの?』とただビビっていただけなんだけど。
現に院内に入ろうとしなかったしー。
ちゃんと足の間にオスワリしてじーっとしてました。

まずは体重測定。10,3キロ。
そしてジアルジアの検査再び。陰性。
ではなぜ便が緩いんだろうねーって先生と協議した結果、
ちょっと治療食に変えてみることに。
子犬の場合脂肪をうまく分解吸収できない子がいるそうな。
今はボッシュのフードを使っていて、海がとても毛艶・体調面もいいので信頼しているだけに、
ちょっと複雑な心境。
便がよくなってきたらまた戻すつもり。

狂犬病の注射もと思っていたけど、ちょっと待とうか・・・ということになりまた来週来院。
フィラリアの薬だけ貰ってきた。
お会計時もちゃんと待てたし、ホント楽でした。

家に帰るとまたリプを抱えて2階へ。しんどー。
もう2人ともグッタリ。
午後はお昼寝させてもらいました^^;

さて、そんな猫被っていたリプ&海のムービーを。
※うるさいです。

海姉ちゃん、すごいんだわ。
絶対負けない!って気迫が。
でも力ではリプがすでに上なので、ちょっとだけ加勢してあげる。

早くいいウンPが出てこないかなー。
[PR]
by hanamizuki23 | 2011-06-21 21:53 | Ripple育児日記
<< 支笏湖を満喫 なんてことないムービーですが。... >>