長崎人の心意気~長崎くんち~

c0142061_11263610.jpg

くんち後日(あとび)。
早朝、お諏訪さんに近づくにつれ、聞こえてくるシャギリの独特な旋律・・・

まさか、私がお諏訪さんの桟敷席に座っているとは。
しかも前から4列目!!
隣には始まる前からすでに興奮はMAXに達しているお義姉ちゃん・・・
さらに一升に4人座れるのに、私たち二人だけ!
こんな贅沢ってある!?

始まる直前、白トッポ(盛り上げ役スタッフ)による、
『モッテコ~イ!モッテコ~イ!』の練習。
思い出すだけで、興奮し鳥肌が立ってきます。




c0142061_1138576.jpg

まずは傘鉾。
100キロ以上の傘鉾。男性が交代で一人で担ぎます。
上に乗っている装飾は踊り町によって違います。

『フト~マワレ~!!』

右に左にクルクルと回り、豪華に刺繍が施された布の裾がヒラヒラと舞う姿はとってもきれい!
意外と曳物(ひきもの)より好きだったりして。


c0142061_11474445.jpg

クーニャン達による唐船入港を再現した踊り。
小さいクーニャンが花篭を欲しがる様子が可愛らしかったですね~。


c0142061_11544793.jpg

いよいよ唐船の登場です。
踊り町の子供達がドラなどの楽器を一生懸命ならしていました!


c0142061_11574911.jpg

長崎は中国文化が浸透しています。
色鮮やかですね~。



c0142061_11593776.jpg

お諏訪さんに奉納が終わり、長い階段を下りようとしています。

『モッテコ~イ!!』

場内から沸き上がるアンコールです。簡単には帰させません!!
ここから何度『モッテコイ』がかかったでしょうね^^



c0142061_1222128.jpg

奉納終了後には、庭先回りへ。
(町の店先や玄関前などで踊りを披露し、福を分けるという主旨のもの。)
お諏訪さんなどで踊りを見れない観光客などは、この庭先回りで踊り町を見学することができます。

携帯ではどこの踊り町が今ココにいる!
とリアルタイムに教えてくれるサイトもあるのですよ~。

踊り町の出演は7年に一度。
今年出演した踊り町は、7年後にしか見れません。

くんちの時ばかりは、踊り町に住みたい!と思います^^

次回は二番手、上町(うわまち)の登場です^^
お楽しみに~
[PR]
by hanamizuki23 | 2009-10-28 12:18 | Nagasaki
<< 上町 傘鉾と奉納踊り おじいちゃんのコト。 >>