竹富島

c0142061_16311764.jpg

3日目は竹富島へ。
竹富島は石垣島フェリーターミナルから船で10分と近く、アクセス良好です。

この日は朝から念願叶って快晴!
本当は前日の午後から行く予定が、あまりの土砂降りで全てキャンセル。
3日目は石垣島ドライブだったので、無理やり午前中に竹富島観光を入れました。




c0142061_16391875.jpg



c0142061_1642236.jpg



c0142061_16424165.jpg



c0142061_1644860.jpg

竹富島は重要伝統的建造物群保存地区で、家を建てるには必ず赤瓦でないといけません。
家の向きや間取りは全て風水に基づいて建てられています。
魔物が入って来ないように門が作られていたり、魔除けのシーサーもたくさん。
なんだかちょっと不思議な島です。


c0142061_16492515.jpg

白砂の道はとてもきれい・・・

島には山も川も無く、平べったい形をしています。
川がないので米は育たず、昔は隣の西表島まで行って作っていたそうです。



c0142061_16523937.jpg

今回旅の楽しみにしていた一つ^^
水牛観光を予約していました。

島のおじぃが三線をさらっと弾いていたこの時間と空間がなんともいえません。


c0142061_16561693.jpg

水牛のビビちゃんのオチリです^^

一番前に乗ることができました^^
竹富島の水牛は街中を歩く水牛です。
よく海を渡る水牛がありますが、それは西表島から由布島へ渡る水牛観光です。


c0142061_16585188.jpg

ブーゲンビリア

水牛観光に乗ると船頭さんが島の観光スポットを説明しながら周ってくれます。
途中、三線を弾きながら島歌を歌ってくれました。
とっても贅沢な時間でした。

ビビちゃんはというと、観光ルートを全て把握していて何もしなくても周ってくれるのですが、この日は暑かったのでなかなか言うことを聞いてくれません^^;
早足になったり、止まってしまったり・・・
水牛は水が大好きで、暑いのが苦手。
船頭さんとの上下関係があるらしく、私達が乗った船頭さんはちょっと若い方。
おじぃだと逆らったりしないのだそうです。
ちょっと反抗的なビビちゃんの様子も面白かったです(笑)


c0142061_1751078.jpg

おじぃが歌う島歌はそりゃぁもう味があってよかったですよ。
[PR]
by hanamizuki23 | 2009-05-09 17:17 | Okinawa
<< シーサーいろいろ ホシノ酵母 >>